プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

コンサルタント: 小田淳(おだ あつし)

中国不良ゼロ設計
プロデューサー

  • 1964年:誕生 横浜出身
  • 1987年:上智大学機械工学科卒業
  • 1987年:SONY(株)入社 メカエンジニア
  • 2009年:上海に勤務 現地部品立上げ・品質指導
  • 2017年:ロジ設立

中国で不良品の無いトラブルの無いものづくりをしたい方に、29年間設計経験と4年半の中国駐在を含む合計7年間の中国関連業務で、30社以上の部品メーカーの不良品対策を行った経験を元に、即実践でき即効果の出る「3つのアプローチ」をお伝えする専門家。

ソニー(株)で商品化の設計者をしていた頃、次から次に発生する新機種の設計に明け暮れる。特に業績が上向いたりるほどの著しい売り上げにはつながる機種はなく、また量産開始の後はひたすら続くコストダウン業務の日々が続く。

中国で生産を開始したプロジェクターの設計をしているころ、日本にいる設計者と中国の部品メーカーや組立工場の橋渡しの仕事をするために上海に渡る。

中国から帰任後、現地で身に付けたノウハウが日本の設計者と中国の部品メーカー双方にとって不良品対策に大きく役立っていることに気づき、中国などの海外にチャレンジしたい方々をサポートしたいという気持ちが起こる。

中国赴任当初、部品メーカーで部品を作製したところ、不良品が数多く発生し改善の依頼をしても何も状況の変わらない苦難の日々を過ごしていた。作業が安定せず、不良品が多発する。改善依頼をしてもすぐに元の状態に戻ってしまう中国メーカーの製造現場に、なんとか設計者の意思を現場に残したいと考えた末、日本では部品メーカーに任せがちな治具や作業標準書がそれになり得ると思い付き、治具と作業標準書の確認に重点を置くこととした。(※治具:部品を固定し作業を安定させる設備)

この経験を踏まえ、中国で不良品やトラブルが発生する原因とそれを解決するノウハウを体系化しコンサルティングを行い、「非常に具体的で、即実践できる!」と好評を博す。

日本の設計者にこれらの体系化されたノウハウを広め、中国やアジアの海外でも品質的に問題のない部品が作れるようにすることで、日本の設計者が海外で一目置かれる存在になることを目指して現在活動中である。

 

メインパートナー: 蘇秀卿(Rebecca Su) 

1985年、日本文化女子大学卒業。
卒業後、香港、中国華南、ベトナム、日本、上海に駐在し、日本〜現地間で活発な技術営業活動を行う。

取扱った主な部品はプリンター、ゲーム、PCの樹脂部品、自動車のマグネシウム部品、電機製品の機構部品全般。
日本語、中国語、英語を駆使し、日本のお客様と中国メーカーのサポートを行う。

 

お気軽にお問い合わせください! TEL 080-1351-0432 営業時間 9:00〜18:00(土日祝は除く)

NOMOistにコラム掲載中!

NOMOistにコラム掲載中!

日刊工業新聞社 主催 セミナー 8/21に開催します!

日刊工業新聞社 主催 セミナー 8/21に開催します!
PAGETOP
Copyright © 中国不良ゼロ設計相談所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.