私がソニー在籍時に、

モニターの設計業務で中国に駐在し、

日本の設計者と中国の部品メーカーの

橋渡しの仕事をしていたときのお話です。

 

金型打ち合わせを1ヵ月以上前に完了し、

今日は1stトライの日です。

日本からの設計者が上海に訪れ、

金型打ち合わせをした成形メーカーに

一緒に行くことになっていました。

 

今回成形している工場は、いつもの場所とは違う、

ということだったので、その成形メーカーとは

別の場所にある工場に連れて行かれました。

車で1時間半くらいの全く別の場所でした。

 

私と出張者を乗せた車が、その別の工場に到着しました。

工場の正門を通過しようとしたところ、

「ふっ、あれっ?」と思ったのでした。

 

その頃の私は、中国駐在4年目に入ろうとしていました。

中国にも慣れ、中国の怪しい雰囲気は感じ取れるように

なっていました。

 

「(正門のプレートの)会社名が違う、、、」と思いました。

工場はいろいろな企業が集合している場合もあるので、

正門のプレートの名前が、見知らぬ名前の場合はよくあることです。

 

工場の建物の中に入りました。

受付ロビーのテーブルに女性が1人座っています。

その背後に、会社名とそのロゴが掲示されています。

「やっぱり、名前が違う!なんか変、、、」

 

同行している成形メーカーの営業担当者に聞きました。

私:「会社名があなたの会社じゃないですよ。どうして?」

営業:「関連会社みたいなものです。」

私:「関連会社って、どういう関係?」

私は、疑いの気分でいっぱいです。

営業もちょっとバツ悪そうな受け答えをしてきます。

私は、しつこく問い詰めました。

 

営業:「元の私の会社の社員が独立して作った会社です」

私:「じゃ、別会社ではないですか」

営業:「そう、別会社です、、、今回

成形機が大きい(800t)ので借りているのです。」

私:「借りている?外注に出したと一緒でしょ。」

営業:「成形を担当するのは、私の会社です。

だから800tの成形機を借りるだけ。問題ない。」

私:「あなたの会社の社員がここにきて成形するの?」

営業:「。。。。」

私:「元社員の成形メーカーに外注に出してる、ってことですよね」

営業:「まあ、そういうこと、、、」

 

もちろん初めて聞くことです。

このことは誰も知りませんでした。

もちろん、この会社に発注を決めた資材も、のハズです。

 

どういうことになってるんだ?

印刷や塗装の2次加工が外注は、よくあることです。

成形を依頼しているのに、その成形が別会社?

どういうことですか?

 

これが後々、大問題に発展して行くのでした。

 

続きは、次回をお楽しみください。

 

▶︎このような事件にお悩みの方はこのURLをご訪問ください。

トップページ