事業内容/メディア

事業内容/メディア

理念

中国モノづくりの進め方コンサルト ロジ 小田淳

日本のモノづくりを行う製造業は、中国をはじめアジア圏にどんどん移管されています。製品の組立作業は既に多くが中国に移管され、そこで使われる部品もそれに合わせて移管されていきました。そのような中、日本の技術者は中国をはじめとするアジアへ活動範囲を広げなければならなくなり、世界に負けない技術力を維持・向上すべく日々努力を続けています。

日本の技術者は、これまで日本において日本特有の「あうんの呼吸」を当たり前として仕事をしてきました。しかし「あうんの呼吸」のない、人の入れ替わりが激しい中国をはじめとするアジアでは、日本でのような「あうんの呼吸」では仕事が進まない現実があります。また、会話などでの日本人からの情報が中国人に確実に伝わっていないことによる相互の理解不足にあるにも関わらず、日本の多くの技術者はそれを中国人に原因があるとしてきました。

このような背景から、日本が中国に進出して40年近くになるにもかかわらず、中国の部品メーカーでのトラブルや不良品の発生はが未だに絶えないでいます。7年間の中国モノづくりにおいてそのことに気付いた私は、自らの経験を元にそれらを解決する方法を伝えることにしたのです。

また、ソニーを退社後のいくつかのベンチャー企業と接している中で、世界に通用する技術を持っていながら製品化のハードルをなかなか越えられない現実を目の当たりにしてきました。開発・設計に関しては海外に負けるわけにはいかないため、私の29年間の製品化設計スキルを活用して、それらのベンチャー企業を支援することにしました。

これらのように、モノづくり技術者が中国やアジアをはじめとする海外で一目置かれる存在になるため、その一翼を担うことを志として活動をしています。

ロジ代表 小田淳

略歴

1964年 誕生、横浜市の出身
1969年〜 札幌市、ギリシャ、鹿児島市で約4年間ずつ在住
1983年 上智大学 機械工学科に入学
1987年 ソニー株式会社に入社
2009〜2013年 上海ソニーChinaに出向
2017年 ロジ設立

体重4696gの恵まれた体格で誕生。順調に成長し、現在の身長は192cmである。幼少の頃から日本の北から南、そしてヨーロッパと移り住み、現在は神奈川県藤沢市在住。湘南海岸から自転車で約15分の場所に自宅を構えている。球技が得意で、趣味はテニス、ビーチテニス、バドミントン、ゴルフ。中国駐在中には中国楽器の二胡を学び、現在も続けている。

小学生の頃からタミヤのおもちゃをバラしては改造し、上智大学では機械工学を学ぶ。卒業後に入社したソニーではモニターやプロジェクターの機構設計者となる。在職中に15モデルを設計・製品化。自分が設計したモニターがテレビや映画で映し出されたり、街角の撮影で使用されていたりするのを見て、モノづくりの楽しさを実感する。また、約20年近くも使用された自分の設計したモニターが使用済みで破棄されている現場を見て、長年使用していただいた感謝と満足感を得ると同時に、モノづくりにおいて高い品質を保つことの大切さを痛感する。

中国駐在中、中国でトラブルなく仕事ができている人やそうでない人と接したり、自らも中国人や中国の部品メーカーへのアプローチに工夫を凝らしながら業務を進めたりしているうちに、トラブルや品質不良を発生させないノウハウを自然と身に付ける。

この経験から得たノウハウを社外にも広めたいと思い、ソニー退職後にロジを起業。現在に至る。

実績/メディア


研修・コンサルティング・講演

研修参加者:約600名以上(約230社以上)
企業コンサル:6社
企業研修:京セラ、三菱電機、明電舎など
大学講演:新潟大学


雑誌コラム連載

「日経ものづくり」日経BP
「機械設計」日刊工業新聞社


WEBコラム連載

日経XTECH
中国工場の歩き方〜設計編〜(有料会員のみ閲覧可能です) 


ITmedia MONOist(どなたでもご覧になれます)
アイデアを製品化する方法、ズバリ教えます!
リモート時代の中国モノづくり、品質不良をどう回避する?


出版

「中国工場トラブル回避術」日経BP

 

WEBコラム

セミナー情報

ブログ最新記事

お問い合わせ

どんな内容でも結構です。お気軽にお問い合わせください!

 

は必須入力です。

ご質問のサービスをお選びください。

会社名

お名前

ふりがな

メールアドレス

お問合せ内容

PAGE TOP