「リモート会議だけで中国企業とスマートに仕事を進めるテクニック」Zoom研修〜

新型コロナの影響で中国へ出張に行くことができず、リモート会議のみで中国メーカーとやりとりをされている方向けに「リモート会議だけで中国企業とスマートに仕事を進めるテクニック」研修のご紹介です。

私の友人である、中国のローカル部品メーカーの日本語通訳(営業)2名と特許事務所1名の日本語通訳から、現在毎日のように実践している上手なリモート会議のテクニックを伝授しました。

中国人視点からのアドバイスですので、中国人がより良く内容を理解でき確実にその内容を実行できる、適確かつ実績ある内容となっています。

この研修は企業単位でZoomで行います。

直接会って話すことができない会話は、中国人には予想以上に理解されていません。トラブルが起こっても解決のために出張に行くこともできません。
是非マスターしていただき、トラブルを事前に回避していただきたく思います。

下記のプログラムは技術系に特化しておりません。技術系以外の方でも参加できる内容になっております。
ご参加をお待ちしております。

【プログラム】

1)「あうんの呼吸」に頼る日本人の現状
・雑貨商の曖昧な指示が生む不良品
・中国人とトラブルを起こす口語調会話

2)仕事上のトラブルをなくす「2つのアプローチ」
・2つの「〜のハズ」は日本人の勘違い
・不良品やトラブルの原因の7割は日本人
・大切なのは「ヒト」「コトバ」

3)中国人の国民性による仕事の仕方とその対応
・「今」は出来ますの希望的観測と「私は思う」の強い自己判断
・情報が末端まで伝わらない分断された業務範囲
・中国でトラブルを起こす人と起こさない人の違い
・「機能するから問題ない」の感覚
・ブラックボックス化する日本商社とODM/OEM先への依頼
・アップルの仕事の仕方

4)日本語通訳に100%伝える会話術
・理解すべき会話で主導権を握る日本人の立場と責任
・20%は理解していない日本語通訳
・日本語通訳が分からない日本語
・言いたいことを100%伝える方法

5)確実に伝わる情報の出し方
・打合せの進め方8つのポイント
・メールの書き方8つのポイント

6)現地中国人が実践するコロナ時代のリモート会議テクニック
・事前準備と事前知識
・正確な情報のやり取りの方法
・分かり易い事前資料の作り方

【日時・場所】

日程:各企業のご都合の良い日程をご連絡ください。
時間:ご都合の良い時間帯をご連絡ください。(研修時間は3時間半)
場所:WebのZOOMで行います。開催決定後にURLをお送りします。
   ※アプリのインストールは不要です。

【お申し込み】

下記のいずれかの方法でお申し込みください。
・このHPの「お問い合わせ」で「リモート会議だけで中国企業とスマートに仕事を進めるテクニック」と記載。
・atsushi.oda@roji.globalにメールで「リモート会議だけで中国企業とスマートに仕事を進めるテクニック」と記載。

<他記載内容>
・お名前
・会社名
・電話番号
・開催希望日と時間(未定でも問題ありません)
・ご予定参加人数(未定でも問題ありません)

【費用】

参加人数によって変動するため、別途ご相談させてください。

【最小開催人数】

各企業単位での研修のため、人数に制限はありません。

【参加費支払い方法】

銀行振り込み:ご参加される方に個別にお知らせいたします。
PeyPay :ご参加される方にQRコードをお送りいたします。

関連記事

  1. 日刊工業新聞社「機械設計」9月号にコラム掲載
  2. 日刊工業新聞社「機械設計」にコラム掲載
  3.  金子コード様で企業研修の開催(2019.11.4)
  4. 「日経ものづくり」10月号にインタビュー掲載
  5. 明電舎様で企業研修の開催(6/27)
  6. 日刊工業新聞社「機械設計」10月号にコラム掲載

セミナー情報

ブログ最新記事

お問い合わせ

中国での部品・製品の作製のお悩みのご相談、研修やコンサルに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

 

は必須入力です。

ご質問のサービスをお選びください。

会社名

お名前

ふりがな

メールアドレス

お問合せ内容

PAGE TOP