ロジが選ばれる理由

ロジが選ばれる理由

1. 製品化フローの上流段階から未然に防止できる

日本の設計者は、優秀で信頼できる日本の部品メーカーと「あうんの呼吸」でモノづくりをしてきました。設計者の曖昧な図面や情報による依頼に対しても、日本の部品メーカーは設計者の意図を汲み取って金型や部品を作製し、さまざまな依頼に対応してくれます。
その一方、中国の部品メーカーとの間には「あうんの呼吸」はもちろんありません。さらに日本語通訳との会話やメールも実は20%は通じていません。仕事の仕方や部品メーカーとの関わり方も違います。残念ながらこの点を知らないばかりに、うまく部品の作製を進められなかった事例をいくつも見てきました。
私は設計者として、図面作成から始まり部品メーカーの選定、見積依頼、金型作製、そして量産導入までをいくつも経験し、多くの部品の品質不良や業務上のトラブルに対処してきました。この製品化フローを熟知している設計者だからこそ、適切な対応方法を皆様にお伝えできるのです。

2. 中国ならではのポイントをついた、製造ラインの改善ができる

日本の設計者は、高いスキルを持つ作業者がいて出来の良い治具や作業標準書が整っている日本の部品メーカーの製造ラインを細かく確認することはありません。
一方、中国は作業者の入れ替わりが激しいため、作業者のスキルには期待が出来ません。また、治具や作業標準書の出来は決して良くありません。つまり設計者自身が製造ラインを細かく確認する必要があるのです。
弊所は29年の設計者として製造現場を見てきた経験から、治具や作業標準書、または設備などの具体的な改善方法のノウハウをお伝えでき、品質不良のない工程作りをサポートできます。

3. 中国での実体験に基づいた、即実践できる具体的なアドバイスができる

中国において設計者として、数多くの部品の設計開始から量産導入まで携わってきました。自分が設計した部品の品質不良に対し改善対策を行い、その結果どのような効果が得られたかを自ら把握してきたので、お伝えする対策は即実践できる具体的な内容となっています。よってその内容は「QC7つ道具」のような品質管理の一般論ではなく、製造現場で効果を出してきた内容であるということをご理解いただき、弊所に依頼することのメリットを感じていただけると思います。

4. 国民性の違いによる問題を、根本的に防止できる

4年半の駐在を含む7年間にわたって中国でモノづくりを行い、その期間中にローカルと日系合わせて約30社以上の部品メーカーの営業担当者や金型担当者、成形/プレス/鋳造担当者、品証担当者、治具担当者、ライン作業者と密に接してきました。また、さまざまな部品メーカーに幾度も訪問し、多くの中国人と共に部品の品質不良と業務上のトラブル解決のための話し合いを行ってきました。これらの経験によって、中国人がどのような国民性を持ちどのような仕事の仕方をするのかを理解しているため、中国人との問題を根本的に防止する方法をお伝えできる自信があります。

5. 中国でのモノづくりの各種サポートができる

中国部品メーカーとのコネクションが多数あります。また、中国に中国人パートナーもいるため、さまざまな部品メーカーを紹介させていただくのはもちろんのこと、見積もりの取得、その他の情報を入手することができます。金型の打ち合わせを含む金型の作製、そして日本への金型や部品の輸入サポートも可能です。

セミナー情報

ブログ最新記事

お問い合わせ

中国での部品・製品の作製のお悩みのご相談、研修やコンサルに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

 

は必須入力です。

ご質問のサービスをお選びください。

会社名

お名前

ふりがな

メールアドレス

お問合せ内容

PAGE TOP