「製品化のイロハ」の研修のプログラム

「製品化のイロハ」の研修のプログラムは下の表のようになります。各企業のご要望に合わせて、時間と内容をアレンジいたします。全プログラムは約10時間となります。

研修内容のパワポを一部公開しています。ここをクリックしてください。
研修の全体的な説明は、ここをクリックしてください。

また、新人〜3年目の人に特化した研修は、ここをクリックしてください。

※スマホやタブレットで下の表が見にくい場合はここをクリックしてください。

プログラム
内容学べること
製品化のハードル製品化に苦戦するベンチャー企業の実例 試作品が1個できてそれをたくさん生産しても製品にならない理由と製品化の4つのハードルを、ベンチャー企業の失敗例とともに理解できます。
「1個作る」と「生産する」の設計の違い
「非売品」と「販売品」の設計の違い
製品化4つのハードル
製品化の日程作成4つの基本プロセス日程作成の基本的なイベントと、それらの業務に関わる協力者と協力企業を理解できます。
必要な協力者と協力企業
企画と設計構想日程作成の基本的なイベントと、それらの業務に関わる協力者と協力企業を理解できます。設計を始める前の企画と設計構想の重要さを理解するとともに、その内容の考え方を学べます。
イノベーションを起こす方法
作りたい市場を考える大切さ
製品仕様の項目
生産台数と年数を決めることの大切さ
販売価格の決め方とコスト管理手法
製品の設計2D/3D CADのできること設計の進め方の概要と、試作前の設計データを用いた設計審査の方法を学べます。
部品表の作成
CADデータの管理
2D/3D CADの設計手順
設計審査
シミュレーションの活用シミュレーションの種類シミュレーションを活用できるバリエーションを理解できます。
デジタルツイン
3Dプリンターが変える製造業金型を作る3Dプリンターが最も注目されている分野を理解できます。
鋳造部品を作る
3つの製造業3つの製造業とは製造業にはどんな企業があるか、そしてそれらの企業との関係性を学べます。
商社のODM/OEMメーカーとの関係
マッチング企業との関係
日本の部品メーカーの優位性と問題点
部品の作製試作部品と量産部品の設計の違い試作部品と量産部品の設計手法/加工方法/材料の違いを理解できます。
加工方法の種類
材料の種類と選択
金型作製の基本
表面処理の種類
製品の検証検証の種類試作品を用いての検証の内容と検証方法を学ぶと同時に、適切な検証を行うための準備に関して学べます。
安全性(法規制)
信頼性
製品の製造性
部品の製造性
サービス性
部品のコスト見積見積依頼する前の決め事適性な価格を提示してもらうための見積依頼の仕方と、見積明細書の確認方法を学べます。
見積依頼の仕方
見積明細書の確認方法
部品の品質2つの品質の管理と責任生産前の設計品質と生産後の量産品質に関して理解できます。
不良の種類と対応
製品の生産生産前の準備生産する前に準備しておくべき内容を学べます。
品質を管理する文書
出荷検査と受け入れ検査
生産前の部品承認
生産ラインでの検査基本的な不良の原因とその対策最もよくある不良の内容とその原因、そしてそれを未然に防ぐ検査の方法を学べます。
ITを活用した検査
コストダウンの着眼点設計でコストダウン設計過程におけるコストセーブの方法、生産開始後のコストダウンの方法を学べます。
梱包でコストダウン
購買でコストダウン
サービス体制販売後のサービス体制の基本を学べます。
DXDXの考え方DXを始める手がかりをつかむことができます。
DXの始め方
DXの真の目的

 

セミナー情報

ブログ最新記事

お問い合わせ

中国ビジネスでお悩みの方や製品を作りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

 

は必須入力です。

ご質問のサービスをお選びください。

会社名

お名前

ふりがな

メールアドレス

お問合せ内容

PAGE TOP