金子コード様で企業研修の開催(2019.11.4)

去る2019月11月月4日、金子コード様で企業研修を開催させていただきました。
設計、購買、品質保証、さらには中国人研修生とそのリーダーの方々にご参加いただきました。

金子コード様の社内には研修生が多くおられるため、日々の業務において中国人との接し方はとても身近で切実な問題となっております。

そのため、管理職の方から中国人と日々接している実務担当やそのリーダーの方々にとても熱心に聴講していただきました。

研修後のアンケートでは、次のようなご意見と感想をいただいています。

・日本人とのコミュニケーションでも同じことが言えると思うので、日頃の作業でも曖昧な表現を避け、具体的に指示することを身に付けたい。
・体験談を踏まえての講習であったため、問題になる部分、解決方法が明確になり今後の(中国人研修生)の教育を行っていく部分で自身になった。
・(講演の内容は)今後の新人研修などにも使えると思った。
・仕事を任せるときには、なぜ依頼するの理由を述べるなど、できることから取り組んで行きたい。
・自分たちが中国人に合わせることで、コミュニケーションエラーが減ると思った。

ご参加いただいた中国人の方からも多くのご意見をいただき、これまでの企業研修には無い活発な研修となりました。

金子コード様の、今回の研修ノウハウを使ってのご活躍をお祈りしております。
金子コード様、ありがとうございました。

関連記事

  1. 「日経ものづくり」にコラム掲載
  2. 日刊工業新聞社「機械設計」8月号にコラム掲載
  3. 研修で47名のモノづくり技術者が参加
  4. 日経BP様で中国モノづくりの進め方研修11/12
  5. 明電舎様で企業研修の開催(6/27)
  6. 研修の一部を公開!

セミナー情報

  • 【研修会社主催】 ▶︎日刊工業新聞社 主催:2月5日(東京)お申し込みはこちらからお願いします。 ▶︎情報機構

ブログ最新記事

お問い合わせ

中国での部品・製品の作製のお悩みのご相談、研修やコンサルに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

 

は必須入力です。

ご質問のサービスをお選びください。

会社名

お名前

ふりがな

メールアドレス

お問合せ内容

PAGE TOP