「そもそも・すじ・べき論」の日本人 vs. 「使えれば問題ない」の中国人

中国で通用しない日本人の国民性

日本人の会話では、「そもそも〜でしょう」や「〜が筋じゃない」、「〜すべきでしょう」がとっても多いです。根拠があればもちろん問題はないのですが、意外に根拠のないことが多くないですか?「ルールですから」や「前例は?」の発言もとっても多いと思います。

これら全部、「過去に成功したこと、決めたことに準じて、次をしましょう」ということです。何故、日本人は過去にとらわれる発言が多いのかよくか分かりませんが、それが今のイノベーションの時代には足かせになっているのは確かです。

一方、中国人は過去にとらわれず、「今、どうするのがベストか」を考えます。全く正反対ですね。日本人の「そもそも すじ べき論」は中国人には、全く理解できないことなのです。そして、中国ではイノベーションがすざましい、、、

この続きは、是非ITmediaのコラムでお読みください!

「そもそも・すじ・べき論」の日本人 vs. 「使えれば問題ない」の中国人

ITmedia MONOist

関連記事

  1. 製造業の管理職の難しさと、トップの「志」の大切さ
  2. 文字で英語を学習する、効率悪い日本の教育
  3. 中国人には絶対に理解できない日本人の国民性「そもそも べき すじ…
  4. NFTって本当に成り立つの?
  5. 車のカーボンニュートラルへの近道は何?
  6. メタバースの可能性とその限界

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


WEBコラム

セミナー情報

ブログ最新記事

お問い合わせ

中国ビジネスでお悩みの方や製品を作りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

 

は必須入力です。

ご質問のサービスをお選びください。

会社名

お名前

ふりがな

メールアドレス

お問合せ内容

PAGE TOP