ものづくりニュース新着コラム!【第13回中国に出回る模倣部品とその対策】

このコラムでは中国に出回る副資材の模倣品とその取り扱いの注意点について、一つのエピソードを交えてお伝えしたいと思います。ここでいう副資材とは、インサートナットや線材ホルダーなどのことを指しています。

 中国にはたくさんの日本製品の模倣品があります。そしてそれらは堂々と中国メーカーのカタログに掲載され販売されているものがあります。型名が類似しているものもあります。決して粗悪品というわけではありませんが、注意して扱わないとトラブルに発展する可能性があるのです。

こちらからご覧ください:【第13回中国に出回る模倣部品とその対策】
過去のブログ一覧はこちらから:ブログ一覧

是非、ご一読ください!

関連記事

  1. アペルザの新着コラム!【第10回 春節だけで15%の作業者の入れ…
  2. アペルザ「ものづくりニュース」の新着コラム!
  3. 日経XTECH〜新着コラム!【中国メーカーに「納得するまで妥協し…

セミナー情報

ブログ最新記事

お問い合わせ

中国での部品・製品の作製のお悩みのご相談、研修やコンサルに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

 

は必須入力です。

ご質問のサービスをお選びください。

会社名

お名前

ふりがな

メールアドレス

お問合せ内容

PAGE TOP